床のリフォームを行うときにカーペット素材を使います。暖かいだけでなく、防音効果が期待できます。

床板のリフォームならフロアコーティング

PAGE

床のリフォームで暖かいカーペット素材

床板のリフォームならフロアコーティング
オフィスといいますと以前はビジネスシューズやヒールなどがカツカツと響く事が多かったです。しかし最近はそういた音があまり聞かれなくなりました。床がカーペット素材になっているのです。掃除のしやすさからすると以前のようなフローリングタイプの方がいいように思いますが、カーペットの方が傷んだりしにくいようです。カーペットと言ってもホコリ等が細かく入り込むようなことがないので掃除も意外にしやすくなっているのかもしれません。

住宅においてはカーペットを敷いていると冬場は裸足で過ごせるぐらいのこともあります。夏場はどうかですが、クーラーの効いているところであれば暑く感じることはありません。カーペットのフカフカ感が心地よいこともあります。そこでリビングのリフォームのときに床材をカーペット素材にすることを考えました。もともとフローリングの上にカーペットを敷いていたのですが、ずれたりすることが多く、掃除も大変になることが多かったのです。

カーペットにすることで、防音性が高くなりました。フローリングの上にカーペットを敷いただけだとそれなりに音が響いていたからです。ウール材の場合は自然の効果が得やすく、空気を浄化する作用もあるのです。